相続税を神戸の税理士に無料相談する際の流れや注意点を解説

no1

相続税を10か月以内に申告しなかった場合のデメリットについて

家族がいつまでも元気で健やかに過ごせることは理想的ですが、寿命や不慮の事故などで相続手続きが必要になることもあります。

相続税の申告は10ヶ月以内にしなければならないと決められており、それを過ぎてしまうと様々なデメリットが生じます。

ここではどのようなデメリットが生じるのかについていくつかご紹介します。

no2

配偶者や宅地評価減などの特例が使えなくなること

相続税には「法定相続分までの金額」または「1億6千万円」の内どちらか多い方の金額までであれば配偶者に税金がかからない配偶者税額軽減特例制度があります。

遺産分割が済んでいれば10ヶ月以内に申告することで特例を受けられますし、分割がまだであったとしても申告期限後3年以内の分割見込書を提出すれば遡って特例を受けることが可能です。

また住居や事業用として使用している宅地の評価を低くすることができる小規模宅地等評価減特例制度もあり、配偶者特例と同様に遺産分割がまだであっても見込書を提出すれば遡って受けられます。

どちらにしても10ヶ月を過ぎてしまうと特例を受けられなくなり高額な相続税を負担することになりますので、期限を過ぎないように注意する必要があります。

納税猶予の特例が使えなくなること

相続した農地で引き続き農業を行う場合は一定条件のもとで相続税の納税を猶予してもらえる特例制度もあります。

また相続税を金銭で納めることが難しい場合は物納も認められていますが、遺産分割を済ませておかなければなりません。

納税猶予も物納申告も10ヶ月以内に申告することが前提となります

それ以外にも10ヶ月の期限を過ぎてしまった場合は無申告加算税や延滞税などが課せられてしまうため、通常よりも多くの税金を支払わなければならなくなります。

遺産分割や相続税の手続きは思いのほか時間がかかるケースも多いですが相続に関する知識がないと速やかに対応できないため、早めに税理士に相談することをおすすめします。

遺産の種類

相続の基本

神戸で相続の相談するならこの税理士!

神戸すえひろ税理士法人 相続あんしん相談室

POINT
  • 圧倒的な申告手数料の安さ
  • 相続担当税理士・元国税調査官・代表税理士によるトリプルチェック体制
  • リピーターや紹介のお客さんが多い信頼できる税理士事務所!

神戸すえひろ税理士法人相続あんしん相談室では、面談から申告書提出まで最短2週間というスピード対応を行っているので、申告期限まで日数が少ない場合でも安心して任せられます。
明瞭な報酬体系で嬉しい地域最安クラスの料金水準で依頼可能です。

相続税申告料金

遺産総額 4,000万円未満 ~5,000万円 ~6,000万円 ~7,000万円
基本料金(税別) 160,000円 180,000円 240,000円 280,000円

事務所案内

サービス内容 遺産相談
住所 神戸市中央区磯上通8-3-10井門三宮ビル12F
営業時間 平日9:00~18:00(土・日については応相談)
電話番号 078-252-8885

税理士法人岩井会計

POINT
  • 相続の相談は土日も対応可
  • 相続相談に最適な女性税理士が在籍
  • 相続手続きをトータルサポート

遺産の相続や譲渡などの難しい資産税に関する相談も安心して任せられる事務所です。
こちらの事務所では相続に関する相談相手には、女性税理士がベストとしていて、もちろん相続に強い女性税理士が在籍しています。

相続税申告料金

遺産総額 1億円 3億円
基本料金(税別) 50~100万円 100~150万円

事務所案内

サービス内容 遺産相談
住所 兵庫県神戸市兵庫区水木通3丁目1番2号
営業時間 平日9:00~17:00
電話番号 078-578-2351

寺岡直樹税理士事務所

POINT
  • 相続に強い事務所
  • 明朗会計
  • 税理士からの相談も多数

相続税の専門家である税理士さんからも相談を受けるほど相続に強い事務所です。
相続税、贈与税、譲渡(不動産譲渡、株式譲渡)所得税を専門としていて長年の実績があり信頼できる税理士事務所です。

相続税申告料金

遺産総額 5,000万円未満 7,000万円未満 1億円未満 3億円未満
基本料金(税別) 300,000円 450,000円 700,000円 950,000円

事務所案内

サービス内容 遺産相談
住所 神戸市中央区元町通4丁目5番10号明賢元町ビル1001号
営業時間 9:30~17:00
電話番号 078-599-76840

神戸の税理士口コミ・評判

相続に関する体験談
負の遺産に対して

私の父親が急な病のため入院それから1ヶ月後に他界いたしました。
後で知ったことでありますが、末期の癌に侵されており余命宣告を受けていた事です。
私は3人兄弟の長男と言う事で財産分与の事を母と弟たちと相談し財産を母に半分、そして兄弟に3等分にするということで、丸く収まりました。
有言上にも同じ事が記されており、弁護士を通じて手続きしていくうち、巨額な借金が判明、今残されている財産より多い事もあり最終的には遺産放棄と言う形で弁護士さんにお願いしました。
結局、財産は頂けず、かえって弁護士さんの依頼金を支払う事で出費が嵩みました。あまり欲を書いたらダメだと言う事を思い知らされました。

結局はプロに任せるのが得策です

ずっと介護をみてきた母が亡くなり、妹2人と遺産相続をする事になりました。
葬儀が終わってから介護中、一度も顔も見せなかった妹二人が示し合わせたように「形見分けなどはしなくて良いので、お金だけ下さい」と言ってきました。
仕事で付き合いのある税理士に相談し、資産額を算出してもらい金額を提示しましたが 難色そ示したので1年以上話し合いましたがらちが明かず、家庭裁判所で遺産分割調停を行いました。
結局、金の切れ目が縁の切れ目ということで、相続実施後に妹二人とは絶縁状態となりました。

叔母、叔父でも信用するな

我が家は農家の7人家族でした。
祖父母、両親、三人姉妹。私は三女です。祖父と父は早くなり、女5人の生活がしばらく続きました。
祖母が80歳を過ぎてから、今までお盆お正月にしか顔を出さなかった叔母2人が、祖母を度々連れ出すようになりました。何かが変だ!私たち家族の予感は的中。
自宅に区役所からの手紙で、祖母の印鑑証明の変更手続きが届きました。姉がすぐに叔母にそのことを問いただすと、開き直ったように「弁護士の所で遺言書を書いている」と言ったそうです。
私達は呆れて、好きなようにすれば良いと思い口も出しませんでした。そんなことをしばらく続けていたようですが、突然祖母の体調が悪くなり、一晩で亡くなってしまいました。
あっけない亡くなり方でした。お葬式も滞りなく終わり、さて遺産相続。遺言書は?という話になった所、まだ未完成のまま祖母は無くなりました。あと一回行けば完成だったそうです。
生前祖母は姉に、こんな方を言っていたようです。「あの2人はもうダメだ」と。祖母は自分の意思で遺言書を書きたかったわけではない。
無理矢理連れていかれ、サインさせられていたのです。最後まで完成しなかったのは祖母の強い思いだったのでしょうか。今になっては誰にも分かりません

司法書士事務所へ行って放棄の手続き

突然父が亡くなり、遺産と言えるような財産は残っていなかったものの、実家の土地と建物、実家の隣に建っている祖父母の土地と建物、車、銀行に残った微々たる貯金が父の名義の遺産でした。
私は当時、結婚していて、妹と弟は独身。
現金化できるものは微々たる貯金のみだったし残された母が1番大変だということは一目瞭然だったので自然な流れで父の子供である、私と妹と弟は実印を押して[遺産相続放棄]の手続きをしました。
母は、父親の退職金と保険金、そして遺族年金も入っているので結果的に現在はまだお金に困ってはいません。
正直、父が亡くなっても遺産を何ももらわなかったのは当たり前のことと思っていましたが、このような場合他の人達はどうしていたのだろうと気になります。

遺産相続は冷静に

夫の父親が亡くなって遺産相続を話し合う時に遺族で話し合いをしようとしたのですが、遺言書を残さずに父はこの世を去ってしまったのでどのように分けるが遺族の中で大きな問題となってしまいました。
兄妹は3人にいたのですが、長男以外は他県に出稼ぎに出て漁師の父の跡継ぎはしていなく面倒もみていなかったので一緒に暮らしていた長男が多く貰うことになったのですが、長男の彼女さんである女性が一人占めしてしまい長男もそれに口出さずほとんど他人でもあろう人間に持っていかれてしまいました。
あくまで夫の父親の遺産なので私はあまり口出し出来なかったですが、悔しくて仕方ありませんが、狸寝入りするしかありませんでした。
遺産の3分の1も貰えてなかったです。

神戸で信頼できる相続に強い税理士はこちら